キャプチャ

こんにちは。キャスティングプランナーの原田です。

 

この度、阪急メンズ東京で行われるクローズドイベント「SPRING NIGHT2018」のメインステージに、

あのシンガーソングライター、作曲家、プロデューサーの織田哲郎さんにご出演頂きました!

 

いや~、鳥肌立ちましたね。

織田さんと言えば、

『シーズン・イン・ザ・サン』『世界中の誰よりきっと』『負けないで』『世界が終るまでは…』など次々とヒット曲を生み出し、4,000万枚以上のシングルセールスを記録。’90年にB.B.クイーンズに提供した『おどるポンポコリン』がレコード大賞作曲賞を受賞。’92年にリリースした自身のシングル「いつまでも変わらぬ愛を」はミリオンセラーを記録した。現在もKInKi KidsやAKB48など、ジャンルを問わず多くのアーティストに楽曲提供を続け、日本作曲家シングル売上げランキング第3位となっている。プロデューサーとしては相川七瀬などを手がける。またアニメの主題歌や劇伴の制作、音楽プロデュースなど、アニメ界にも活躍の場を広げている。アーティストとしては、通算19枚のオリジナルアルバムをリリースし、昨年、NHKの『ラジオ深夜便』で流れたシングル曲「CAFE BROKEN HEART」は、ファンのみならず多くのリスナーから好評を得た。現在は自身のソロ活動に加えて、ダイアモンド✡ユカイらと新バンドROLL-B DINOSAURを結成し、2枚のアルバムをリリース。

又、ロックギタリストとしての顔も持つち現在も現役で活動されており、なんと今年で60歳と、、、!!

 

失礼しました、熱くなりすぎました、、、私、昔から大好きでして。

お会い出来て本当に光栄でした!

 

短い時間のステージでしたが、往年の名曲から新曲まで、感無量です。

 

5月・6月にはライブツアーも開催されるので、皆さん是非!!

※チラシの画像を添付します。